もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカのケンタッキーフライドチキン体験記と豆知識【KFC】

スポンサーリンク

皆ご存じカーネルおじさん

f:id:mocchirishokkan:20190912044232j:image

カーネル・サンダース

カーネルが名前だと思ってませんか?

私は思っていました。

本名は「Harland David Sandars」

カーネル入ってない~!

実は「カーネル」とはColonel=陸軍大佐という意味。

でも実際は在役した陸軍では退役まで一兵卒だったそう。

 後に発祥の地であるケンタッキー州から食文化を通した貢献への称号として特別に与えられた称号が、

「ケンタッキー・カーネル

図らずも尊称を付けて我々は呼んでいたわけです(笑)

名誉県民みたいなもんか?

ケンタッキー州にはケンタッキーが建てた「KFC Yum!センター」と言う立派なアリーナもありますので、今も確かに地元に貢献してますね。

Yum=ウマっ。

つまり「ケンタッキーウマっ!センター」

…って名前ちょっと恥ずかしい気はするけど、バスケの試合とかしてるみたいです。

口に出す度にすごい洗脳される感。

食べたくなるなるケンタッキー。

(それにしても例えば日本の「ヤフオク!ドーム」が「ヤフオク超便利!ドーム」だったりしたら嫌だなぁ)

 

ところでケンタッキーと言えば、

サンダースさんの甥っ子がフライドチキンの秘伝のレシピをうっかり漏らしてしまった!とか、いやいや超ハイテク金庫でレシピは厳重に保管されるからそれはガセですよ~等々香ばしいニュースになっていたのも記憶に新しいですね!

 

f:id:mocchirishokkan:20190912045312j:image

(店内ポスター、ケンタッキー州の形とフライドチキンの形が一致している!!!奇跡!と言いたいらしい。節子それ奇跡ちゃう、こじつけや!

 

さてさて、早速レポート。

あくまで一店舗訪れてでの感想という事をご承知おきください。

食べたのはケンタッキーのお隣の州のとあるお店です。

店の内装の写真を撮り忘れましたごめんなさい…。

 

まず値段は断然アメリカの方が安いです。f:id:mocchirishokkan:20190912044627j:image

(5ドルぽっきりセット。チョコチップクッキーからは逃れられない。)

f:id:mocchirishokkan:20190914012328j:image

(20ドルセット、何人分だろうこれ。)

 

 メニューには結構な違いがあります。

チキンの種類は常時色々あって、

辛いの・クリスピー・オリジナル・BBQソース絡んでるやつ…

ポテトはグレイビーソースのかかったマッシュポテト。

(次の写真の中央下部の謎のドーム状のやつ)

メニューの写真には無いし訊かれなかったけどフライドポテトにに替えてもらえたのか?

とにかく量が多いです。

個人的には味はアメリカの方が大味な印象…

濃くてぎとぎとしてらっしゃる(この店の問題?)。

スモーキーマウンテンとかいうソースの絡んだチキン(左)にしてみましたが、しょっ辛くて完食できずでした。

コールスローだけはこちらの方が美味しかったです。

アメリカ人はコールスローをよく付け合せに食べますが(スローって略して呼んだりもする)

日本のよりもクリーミーで甘くてお菓子みたいな美味しさなんですよね。

日本はマヨで作っていて、アメリカ人は生クリームと砂糖で作っていそう。

さすがサラダからもぬかりなく高カロリーを摂取するアメリカ人。f:id:mocchirishokkan:20190912045132j:image

と言うわけで、値段以外は日本のKFCの圧勝と感じました。

日本は「国産ハーブ鶏」をウリにこだわってますもんね。

ケンタに行かずともアメリカにフライドチキン専門店は沢山ありますので、あえて行かなくてもいいかな?と思ったのでした。

店内にカーネルおじさんの写真が沢山飾られていたので、カーネルおじさんファンの方には聖地かもしれない。

f:id:mocchirishokkan:20190912042422j:image

日本のケンタ丼の存在を教えたいよ。

カーネルおじさん、度胆抜くだろうね!!!

 

(どうです、ケンタッキー食べたくなってきませんか?)

ここまでお読みいただきありがとうございました♪