もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカで実写版ライオンキングを観たけど・・・実写化の必要あった?

スポンサーリンク

は~にゃにゃんにゃ~~~~♪

f:id:mocchirishokkan:20190809094635j:image

一足お先に実写版ライオンキングを観てまいりました!

忖度無い正直な感想を記したいと思います(笑)

怒らないでね・・・

フルCG化を実写化と言っていいのかわからないけど、アニメ版を忠実に実写化していたよ。

ライオン達、もっふもふふっさふさでしたわ。

子シンバかわゆす~

ネコ科を愛する人たちはこれだけで行く価値あり!

でもね、割と原作に忠実だったからこそ実写化の必要性が感じられず。

アニメだからファンタジーと割り切ってすんなり受け入れられてたところが、実写化されると”こんなのあり得ない感”が気になってきて・・・

(プンバァ達の住んでるユートピアの非現実さとか、知性がやたらと高い動物達…かと思うとサバンナのリアルなモブの暮らしとの差とか)

そしてリアル風の動物って表情がわかり辛い...

 

もちろん私個人の感想です!!!

宜しければコメントで感想教えてください♪

 

ごく一部、ストーリー変更とまで言わないけれどちょっとした改変が。

実写化アラジンでのジャスミンの描かれ方についても全く同じ感想でしたが、昨今の男女平等社会を反映してか

女性(雌)が強くなっている。 

mocchirishokkan.hatenablog.com

以下、アニメを観てない人には特にネタバレになりうる感想です 。

f:id:mocchirishokkan:20190809094730j:image

(高すぎるやろポップコーン)

岡村隆ことハイエナが悪者ポジションなわけですが、そのハイエナのボスが女王(雌)に!!

そんなのどっちでもえーやんとお思いでしょうが、なんでこの改変かと言うと、終盤のバトルシーンでヒロインライオンのナラと一騎討ちするんですよね!!!

子供のころに一度殺されかけたという因縁の相手に向かって、

「もう仔ライオンのナラちゃんじゃないわよ!」

的な啖呵まで切るわけです。

熱いぜ!

女の敵はやはり女か。

再会したシンバがへタレと知るや見限ってさっさと去っちゃう所とか、

終戦でライオン達に号令掛けるところとか、

ナラちゃんまじたまらん男前。

シンバ母もアニメよりも強さが強調されててカッコよかった~

 

以下は私的突っ込みどころ。

 これはアニメ版でも感じるんだけど

プンバァ達への感謝足りなくない?

シンバってば何も言わずに故郷に帰っちゃうし、心配して付いてきてくれたプンバァを肉扱いで速攻で囮に使うし、解決後は結局プライドランドに残ったのか?戻ったのか???

あと戻るどうこうでいうと、

プライドランドとプンバァ達のオアシスとの距離感が謎

子シンバは行き倒れるほどの距離(子供だったから?)、砂漠を超えなきゃいけないみたいだけど、ナラは来るしラフィキじいちゃん(マントヒヒ)まで来るし、プライドランドへ戻ったその足で最終決戦に臨んでるし…

うーん。

アニメの時は気にならなかったのに~~~!!

あれか、リアル風な動物を観ていると頭が

ダーウィンが来た”もしくは”生き物地球紀行”モード

になっちゃうのかしら・・・。

お前だけじゃ。 

 

あと、始まりと終わりに名曲、「サークルオブライフ」が流れて「LIONKING」のロゴが

ドォーン!

と効果音と共に出るんですが、

このロゴが出るタイミング、早い。

 

「♪ざ、さ~くるおぶら~~~~いfドォーン!!!!」

 

くらいの感じ。

ビビるわ!もう一呼吸余韻をくれい!!

 

これは映画を観た方と分かち合いたいのでぜひ観に行って頂きたいです(笑)