もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカで子供向けお風呂グッズを見つけたよ!

スポンサーリンク

シャワー文化に慣れない。

 

アメリカ人がバスタブに浸からずにシャワーで済ませる事が多いというのは有名ですが、米駐在員への鉄板忠告エピソードとして

 

"ある女の子が学校で

「パパとお風呂入ってるんだ〜♪」と言ったら

性的虐待を疑われ、パパが一時拘留される羽目になった。

(釈放されたらしいが)"

 

というものがあります。

アメリカでは服を着た親が浴槽の外から子供をシャワーで洗うのが普通らしい。

個人的には、裸のコミュニケーションで気づけることも多いと思うけど、小さい子供でも一人の人間として尊重するという事なのかな?

たまにテレビのバラエティで聞くような、女性タレントの”パパとまだ仲良く一緒にお風呂入ってま~す♪”アピールを聞いたらどんなリアクションなんでしょうか。

欧米人の裸を恥じるかと思うとヌーディストビーチなんて始めちゃうところはよくわからんですが・・・

とにかく文化の違いってすごいね(^◇^;)

訪日観光客が銭湯に水着で入っちゃうのも納得です。

 

我が娘は風呂好きでして、

アメリカでもしっかりお風呂に入っております。

(バスタブ浅いからお湯がこぼれるけど...)

そんな4歳児のお風呂のお供をご紹介。

f:id:mocchirishokkan:20190430100005j:image

スーパーで売ってるミスターバブルズのバスクラックル(1ドル)

バスソルトのようなツブツブの無香料の入浴剤で、お風呂に入れるとパチパチ音を出しながらはぜるように溶ける。

ただそれだけ。

(なんかこういうキャンディー昔あったな...)

娘はキャッキャ喜ぶ我が家のヒット商品。

手軽だしちょっと面白いので、

子持ちの家庭へのバラマキお土産として活躍。

 

そして同じくスーパーで購入したミスターバブルズのフォームソープ(3ドル)

f:id:mocchirishokkan:20190506145018j:image

要はシェービングクリームみたいなヤツなんだけど、ボディーソープとして使えるので、娘の体に模様とか文字とか描いてやるとこれまたキャッキャ喜ぶ。

ただそれだけ。

だがそれが良い!...のか?

 色はピンク以外にも数色あります。

 

私はお風呂に入浴剤入れて入るのが大好きだけど、

アメリカの入浴剤は種類がないし、あっても高い。

日系スーパーに行けば日本のものが買えるんだけど、当然かなりの割高。

ああ~

バ◯と◯の宿とき◯湯とクナ◯プが恋しいよ・・・

(伏字しすぎてカオス)

アメリカの風呂場はトイレの横で洗い場が無い、バスタブが浅い、家族が多いと続けて使っているうちにお湯が出なくなることがある・・・等々で、日本人の人もそのうち湯船に浸かるのを諦める人達が多いです。

 

だがしかし、私は湯船を諦めません!

 

どなたかバ◯と◯の宿とき◯湯とクナ◯プを・・・!