もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカで映画「トイストーリー4」を観た感想と見どころ!泣ける~!

スポンサーリンク

TOYSTORY4観てきました!

 前回のアラジンと同様、ボロい映画館にて家族一人5ドルほどで観れました。

この映画館にしては混んでいたのでトイストーリー人気の人気の高さを感じました。

観た直後の気持ちはこんな感じ。

 おもちゃは古くなるし、飽きられるし。

子供は時に残酷だし、大人になっていくし。

その関係には切ない結末しか待っていないけれど

一緒に遊んだ楽しい思い出だけはどちらにもずっと残るんだなぁ。

(BGM:君はともだち)

くぅー!!泣ける〜!!ってかちょっと泣いた!

 

以下多少ネタバレ有です。

結末&あらすじを積極的に説明するつもりはないけど、感想を素直に書くとネタバレは避けられないと判断…。

f:id:mocchirishokkan:20190704003856j:image

(スーパーのトイストーリー4コーナー)

 

まず注意したい、小さなお子様気を付けて!

トイストーリーなら話のディティールは理解できなくても雰囲気とキャラクターで子供も楽しめるはず♪

そう思って小さい子供を連れて行くとえらいこっちゃになります。

4で初めて登場するキャラクターのなかに、アンティークのドール(ウッディよりずっと大きい)が出てくるのですが、そのドール達が不気味。

想像してみてください。

人形の前を通りかかったらグルン!と眼が動いて首傾けたままカタカタ音を立てながらどこまでも追いかけてくる・・・!しかも追いかけてくるうちに2体3体と増えていく・・・!って怖くない?

うちの4歳の娘はこのドール達の登場後、私の膝の上に避難して来ました。

泣いて退場してる子も居ましたね。

もちろんトイストーリ―ですから最後はウッディたちと仲良くなるわけですが、

正直最後まで不気味でした・・・漂うチャッキー&アナベル

怖がりな子は要注意です!

 

新キャラフォーキーがかわゆい♪

小さい女の子がごみ箱の中に捨てられたもので作ったフォークのおもちゃ。

自分のことはおもちゃではなくゴミだと思っていて、隙あらばごみ箱に飛びこもうとする。

「Trash..!!」を連呼します。

ちょっと足りないんだけどピュアで憎めないっていうところとか、個人的にオラフとかなり被るキャラクターだと感じました。

うちの娘もフォーキーが気に入ったようで出てくるとケラケラ笑ってました。

日本人からするとフォークっていうか先割れスプーンだけどね。

 

旧キャラファンには物足りない?

 残念なのは新キャラを出したかったからなのか

エイリアンやハムやポテト夫妻なんかの旧キャラの活躍が少なめ。

出てはいるけど一人一人にスポット当たることがほぼ無いかな。

バズですら割と影が薄いです。

例外は羊飼いのボー。

かなりワイルドな女性になって出ずっぱりです。

同窓会でおとなしかったあの子に再会したらグイグイ話しかけてきて、変わったなぁ…みたいな感じ。

f:id:mocchirishokkan:20190704011706j:image

(娘が食べているシリアル、ボー姐さん主役級ですな)

 

ウッディ、勇退す。

3を観た方はご存知でしょうが、ウッディの持ち主だったアンディ君は大人になって、ウッディを含む全てのおもちゃを小さな女の子に譲りました。

本作はそこからのストーリーなので、ウッディの持ち主はボニーと言う女の子です。

女の子というところがミソで、その子が保安官ごっこで遊んでいるのはウッディではなくジェシーだったり。

更にフォーキーが加わってからはボニーの一番のお気に入りは断然フォーキーに。

今作はウッディ自身が起こすドタバタや成長物語ではなく、かつて子供の一番のお気に入りおもちゃだった彼が、現役第一線を退いた先輩としておもちゃとしての喜びとか矜持とかを後輩おもちゃ達に教えるような話でした。

もうウッディ先輩哀愁漂いすぎっす・・・。 

mocchirishokkan.hatenablog.com

 以上私なりの感想でした♪

因みに私たち親は涙ぐんでましたが、娘に感想を聞いたらフォーキー面白かった~!としか言ってませんでした(笑)

そういえば新作予告で皆大好きFROZEN2(アナ雪2)が流れたのですが、明らかに場内がざわついて面白かったです。

予告を見る限り、なんだかシリアスな感じで子供受け大丈夫?と思ったけども秋に公開らしいのでとにかく楽しみにしよう。

f:id:mocchirishokkan:20190704014522j:image

(劇中にもちらっと登場したバービーさん。)

 コラボにどん欲なバービーさんについてはこちら↓

www.mocchirishokkan.com