もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

オタク雑誌★月間OTAKUを買ってみた!英語の勉強に役立つ!?

スポンサーリンク

月間OTAKUという雑誌を発見。

身もふたもないタイトル。

(月間NewTypeの真名かと思ったわ)

f:id:mocchirishokkan:20190510041256j:image

まさかアスカも自身の頭の上にカタカナでオタクと乗せられるとは思っていまい。

スーパーで6ドルほどだった。

(カゴに入れた後、普段より巻きで買い物を済ませたのは内緒♪)

 

内容はというと、アニメのレビューが主。

(リアルタイムでは観るのが難しいためか円盤発売物が多し)マンガ、ゲームのレビュー、コスプレイヤー写真コーナーなど。

(関係ないけど欧米人のコスプレは何かズルいよね…ほら…ゼルダのリンクとかさ…)

 

今月号の特集はエヴァの再考察。

あとは連載ではなさそうだけど、岡田淳司先生のニャンキーズというマンガと、水木大先生のゲゲゲの鬼太郎がちょっとだけ読めたりも。

 

個人的に興味深かったのは、コマに描かれたバキッ!とかの擬音の横に、英訳された擬音が小さく()で描いてあるところ。

これを付けるプロがいらっしゃるんだろうなぁ。

f:id:mocchirishokkan:20190510070234j:image

英字新聞を読む!とか挫折しそうだけれども、英語の読み物として、とっつきやすくて良いかもしれない、私含めOTAKU達には。

(アマゾンで買えるし!)

 

ちなみに個人的な意見だが、英語初心者にはアメリカの漫画をいきなり英語で読むのはオススメしない。

私はスヌーピー(PEANUTS)で挫折した。

あの犬かわゆいからってナメてたぜ!(^◇^;)

誰かの参考になればと思い、挫折した理由を私なりに考察してみたよ!

 

理由1

セリフ等全部大文字なので目も慣れてないし、何より固有名詞が判別しづらい。

理由2

日本の漫画と違って絵の情報より文字情報によってストーリーを読ませるものが多いので辛い。

理由3

砕けた表現、イディオム等文化背景知らないとわからない、など。

 

日本語版を持っている、ストーリーを知っている、和訳も載ってるなんかの場合はノンストレスだろうからこの限りではないです。

もちろんスラスラ読めちゃうレベルの人もね!

 

蛇足ですが、アメコミで超有名どころの「ウォッチメン 」を読め読めうるさい人がいて、渋々読んだらかなりシビれた良い思い出...

あれは間違いなく名作!

 

あ、もちろん日本語で笑