もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカで一足先に実写版映画アラジンを観てきた感想!

スポンサーリンク

ジーニー=青いウィルスミスってどうなん?

もうこれが気になるというただ一心で映画アラジンを観にいくことに。

名探偵ピカチュウを観に行った時の記事でも触れましたが、わが町の(ボロい)映画館に観に行ったので、5ドル程で観れました。

 

mocchirishokkan.hatenablog.com

 以下感想です。

ネタバレがお嫌な方はスルーしてくださいませ。

といっても基本的にアニメ版に忠実な曲とストーリーでした。

f:id:mocchirishokkan:20190601055449j:image

 
ジャスミン主人公だな!題名「ジャスミン」のがいいんじゃ…

元々ジャスミンは男勝りなお姫様だったけれど、時代の流れを反映してか更にそれが強調されている印象。

アニメ通りジャファーがランプを盗んで力を手に入れて国の乗っ取りを計画するわけだけど、その魔法の力を目にしてなお啖呵を切って護衛隊長を叱咤するシーンがある。

で、ここにアニメ版にはないジャスミンのソロ曲が入ります。

ジャスミン歌も踊りも超うまいしイメージぴったり…!!!(でアラジンがかすむ)

アニメ版では最後に王女は王子としか結婚できないなんて法律、変えちゃえばいいじゃん!アラジンとくっついてめでたしめでたし~だったのが、

王女も王位を継げるように法律、変えちゃえばいいじゃん!王様だし好きに相手は選べるね、めでたしめでたし~になっております。

ジャスミン女王ここに誕生。

アラジンのヒモ感増してる。

でもジャスミンてアニメだとまだ15歳なんだよね!

今回の映画の中で年齢に言及してたシーンあったかな?

(聞き逃してるだけの可能性も大なのでご存知の方教えてくだされ。)

ちなみに今回のジャスミン役、英印ハーフののナオミスコットさんは26歳だそう。

もうサッカー選手と結婚してるんだって!

あ、誤解のないように(私が勝手に)影を薄くしているアラジン役のメナ・マスードさんですが、エジプト出身だけあってイメージぴったり、アニメのアラジンのビジュアルそのまんまの再現度です。

個人的に違和感があったのはジャファー役。

若い!イケメン!!

私がジャスミンならジャファー1択(笑) 

 

そしてジーニーこと青いウィルスミス

最初は笑いそうになるウィルスミスのそのまんま感ですが、とにかくノリノリでチャーミングに演じているので観ているうちに好きになってくる不思議。

ウィルスミス(ラッパーでもある)に合わせて曲がすこしヒップホップ調にしてあるので歌うシーンはカッコイイ仕上がりです。

ジーニー登場シーン&アラジンが王子になってパレードをするシーンは必見!実写&CGでアニメより迫力が増してます!!

ただ、小さいお子さん連れで映画に行こうと思っている方には一つ注意が。

子供が好きなジーニー登場シーンは物語的に中盤!

それまでに寝てしまうお子様続出(私の周りの4歳児に)です。

 私も放心しかけている娘の肩を叩きました。

ジーニー出たよ!って。(お化けか)

そのジーニーと深く関わる事になる、アニメには出てこないジャスミンの侍女ダリアさんのコメディエンヌぶりにも要注目です。

彼女はストーリー的にもキーパ―ソンだし、ことごとく笑わせてくれる。

あとこれは本当に個人的にですがアラジンの前にジャスミンに結婚を申し込む、ちょっとおバカな当て馬王子様もキュートなので注目してほしい。

f:id:mocchirishokkan:20190601062415j:image

 (長年愛用しているジーニーシャーペン)

名曲揃いのアラジンですので安心して観られるかと♪

中村倫也さん&木下晴香さんの日本語吹き替え版も後々チェックせねば…。

日本では6月7日公開だそう。

 待ちきれない方はyoutubeに公式動画がいくつか公開されてますよ~!

 

それにしてもキーアイテムであるランプ。

私たちの文化圏からするとあまりランプに見えず、どうしても…

カレーソース入れるやつに見えるのは私だけ?

 

(私も見える!という方は是非ご一報を)

お読みいただき有り難うございました♪