もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカのブラックフライデーにトリーバーチで買い物してみた。

スポンサーリンク

ブラックフライデー」の”ブラック”は、「お店側の黒字」の”黒”から来ています。

f:id:mocchirishokkan:20191211025059j:image

トリーバーチ、ポシェット(死語?)と靴が定番人気ですよね。)

私が思うアメリカだと安いので駐妻が買い漁りがち3大ブランドは

コーチ・ケイトスペードトリーバーチ

コーチは高校生、ケイトスペードは大学生の頃の人気ブランドだったなぁ…

と、どうしても若めのブランドのイメージがあり、私はこの中だと一番トリーバーチが好きです。

まぁ今回初めて買ったんだけどね!

 せめて定価で買ってから語れ。

やれアルマジロ見ただの食べられるシャボン玉だのふざけたことを言ってないで、たまには駐妻らしくブラックフライデートリーバーチでお買いものした話を書いてみようと思います。

う~んセレブ~♪

(なお本人が一番気に入っている記事はそんなアルマジロだったりするのだがもちろん需要はない↓)

www.mocchirishokkan.com

さてさてアメリカではサンクスギビングの翌日(11月の第4週の金曜)は

年に一度の大セール、

ブラックフライデー』です。

(日本では既に新年初売りセール文化があるからか定着しないね。)

クリスマス休暇に大奮発した旅行を控えている我が家はサンクスギビングは家にこもることに決め、ならばと初めてブラックフライデーに参戦したのでした。

自分語りになってしまいますが、私、結婚前はアパレルで働いていたのもありこちらのセールと言うものに興味津々です♪

働いていた頃は特に初売りはお祭り、と言う感じでアドレナリンが出て好きでした。

一方でセール直前に買いに来たお客様に定価で売る罪悪感たるや…

正月はふっとびますが、夏のセールほどだらだら続かないし、正月手当は出るし。

本社の事務方になってからも、年始の忙しさをよそに張り切ってあっちゃこっちゃヘルプに行っておりました。

色んな商業施設の動線が見れるのとか、百貨店だと社食とかも楽しみでしたねぇ…

…と話が脱線しましてすみません。

さて、日本のセールでも言われていることですが、セール日程が前倒しになる現象はこちらも同じなようで、前日の木曜から既に戦いは始まります。

本番である金曜はもちろん早朝オープンですが、木曜も深夜12時まで営業している所もあるみたいです。

しかし大声で言いたい、

フライデーちゃうやん。

…とか言いながら我々もちゃっかり木曜の夕食後に近場のプレミアムアウトレットに行ってみることにしました。

早めにご飯終わったし、娘も昼寝たっぷりしちゃったし、一度どんなもんか見てみる~?ぐらいの軽い気持ちで。

敷地が広いし、きっと日本の初売りのようにごった返しているわけではないだろう…と思ったら甘かった。

人気店には入場規制が掛かっていて、長蛇の列ができている。

そう、私のお目当てのトリーバーチにも…

f:id:mocchirishokkan:20191211023044j:image

入店できたのは何と1時間半後でした。

寒空の下待つのは結構辛かった…

その間旦那と娘は暖を求めがてら他の店を見て回ってましたが…

でも待っただけあって確かに安かった。

そもそもアウトレットなので普段もお安いですが、そのタグからの店内全部50%オフ!

物によってはさらにそこから10%・20%オフ!

入場規制がかかってもなお店内はごった返しております。

私は春夏っぽい大きめレザートートをゲット。

定価525ドル⇒値札499ドル⇒50%オフ⇒クリアランスで更に20%オフ…ってもはや混乱してきますが約200ドルですね。
f:id:mocchirishokkan:20191208062620j:image

(これにかぎらず自分の欲しい物がクリアランスになるほど売れ残っていると、私のセンスがアレなのだろうか…とちょっと悩んだりする…そういう事ってないですか?)

そして今回のもう一つの目的、身内へ渡すお土産仕入れておきます。

自分で買うかどうかは別れるところだけれど、ブランド物を貰って嫌な気持ちになる人は少ないと思います。

(今時転売する人は居るかも。)

ブランド物の良いところは、あなたにお金掛かってますよ~良いものをあげたい・大事に思っているという気持ちが伝えやすいところ。

(ブランドの価値は品質デザイン、付加価値はぶっちゃけ高価格保証なのだなぁ…。)
f:id:mocchirishokkan:20191208062010j:image

(ストールとアクセサリーポーチ。お土産には主張し過ぎない程度にブランドロゴが判りやすいものに限るぜ。)

 ポーチの方は4千円弱、ストールの方は1万円ほどで買えました。

しかし、レジでもまた長蛇の列が。

帰宅する頃には深夜になってしまい、娘に申し訳ないことをしてしまいました。

帰りの車で爆睡、そりゃそうだ…

 翌日は罪滅ぼしに子供服中心に近所のプレミアムではない普通のショッピングモールをのんびりと冷やかしてみましたが、アディダスコールハーンなんかも入場規制がかかってました。

当たり前ですが人気の店とそうでない店の差が激しいですね~。

路面の店に行くならは防寒対策必須というのが身に染みた今回のセール体験でした。

新年の福袋争奪で壮絶な修羅場を演じる日本人にとっては恐れるに足らずかも。 

 

それにしても、結婚してからこんなに高価なもの買ってもらったの

結婚一年目の任天堂3DS以来だわ~!

 

(普段の労をねぎらってくれたのかな?旦那さんありがとうございます。)

お読みいただき有り難うございました♪