もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

タピオカとうとう鍋になる!!【アメリカでタピオカはボバ】

スポンサーリンク

タピオカブーム、なかなか終わりを見せませんね!

本格的に冬で寒くなってから自然と下火になっていくのかな?

寒くなったら今度はタピオカ鍋が流行る…かも?

f:id:mocchirishokkan:20191018072737p:image

(鍋の動画を早く観たいという方は記事下の方にございますよー)

私はオバチャンなので、タピオカブームに対し

「え、なんで今更?前からあったやん...クレープ屋の端やらコンビニで売られてたりしたやん...私知ってたし!前から魅力に気づいてたし!!」という

アイドルのウザめの古参ファンみたいな心境。

(珍珠って名前で売り出したのが良くなかったのか?タピオカって響きは確かにかわゆい。)

ところでミルクティーにキャッキャと行列してる人達は皆タピオカの原料が何か知ってるんでしょうか。

今時の若者はササッとスマホで調べて知ってるか〜。

f:id:mocchirishokkan:20191017071223j:image

(おイモ由来のデンプンですよ~)

アメリカでもタピオカは人気で、行列なんてことにはなりませんが夏場はどこのお店も賑わっています。

英語ではBobaボバと呼ばれています。

タピオカミルクティーボバティー、又はバブルティー

値段は日本と変わらないんじゃないかと思いますが、どの店もやたらと組み合わせの種類があります。

f:id:mocchirishokkan:20191018071946j:image

(メニュー表右の方がボバ含めたトッピング)

普通のボバ以外にもカラフルなフルーツボバ(一見タピオカだが食べてみるとプチッと甘いシロップが出てくる似て非なるイクラ食感)やゼリーなんかも選べたり。

組み合わせによっては超絶気持ち悪い飲み物も生み出せそう...

ちなみに私はこの店のアボカドシェイクにボバをいれたやつが好きです。

f:id:mocchirishokkan:20191017065339j:image

(前回記事↓に引き続きアボカド好きを隠せない私。)

www.mocchirishokkan.com

 カップに書いてある「FAT Straw」 というのはお店の名前。

「太っちょストロー」という意味で、飲みすぎると炭水化物&糖質でおデブになるぞという意味では決してない...たぶん。

なんでこんなテンション下げる店名にしたんだい。

 さて、私もっちり食感、大して理解できないくせに英語のyoutubeを観るのが好きです。

え、遊んでるって?

チガウヨー英語ノ勉強ヲシテイルノダヨ…という免罪符。

今回ご紹介するのは「Sticky Dumpling」という人気のグルメレポート動画チャンネルです。

レポーターの男性はマイク・チャンさん。

マシンガントークでいつも熱い食レポを繰り広げている彼。

中でもニューヨークでタピオカ鍋を食べる回が衝撃的だったので、とにかく早送りでもいいのでご覧いただきたい。

お願いします、この衝撃を共有したいんですほんとに色々すごいから。


CRAZY Food?! BUBBLE TEA / MILK TEA HOTPOT in New York Review!

 

ね?(ドヤ顔)

いやお前は何もしていない。

観るのが面倒な方に一言でお伝えするなら

「プロが本気出して作ったタピオカミルクティー鍋でしゃぶしゃぶしてみた。」って感じです。

「ミルクティー出汁」だとか「抹茶感あるね~」だとか、リスニング力無い私でも耳に引っかかる、およそ鍋に似つかわしくない表現のオンパレード。

何が突っ込みどころって、甘そうなタピオカミルク汁で具をしゃぶしゃぶした後、辛そうなタレにがっつり絡めてるんですよね!

もうその味やん!?っていう。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました♪

(NY在住の方、このお店をご存知でしたら是非コメントを…!)