もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

食べられるシャボン玉で失った大切な何か。

スポンサーリンク

こちらが食べられるシャボン玉液です!!

f:id:mocchirishokkan:20191206042552j:image

(スーパーで半額になっていて4ドルほど。)

面白半分どころか面白全部で買った。

「食べられるシャボン玉」ってきいたらワクワクしません?

半額だったから奥底に眠る子供心がくすぐられてついついスーパーにて購入。

もちろん娘はノリノリで、天気のいい日に一緒にやってみることに。

さて、その遊び方はパッケージの裏に書いてございます。

f:id:mocchirishokkan:20191206042830j:image

(フタのシールを見ると、賞味期限結構迫ってます…。)

1.シャボン液に好きなジュースを混ぜる

2.シャボン玉を吹く

3.食べる

以上!

おお、なんて単純明快3STEP!

f:id:mocchirishokkan:20191206042840j:image

 (液のボトルは2個入りです。)

早速やってみます。

まずはすでにどろっとした透明なシャボン液が入った状態のボトルに、既定のラインまで好きなジュースをそそいで混ぜます。

乳酸菌飲料はダメと書かれていたので、左はグレープ味のスポドリ系飲料、もう片方には100%オレンジジュースを入れてみました。

(たまたまボトルのキャップの色と揃った。)

いざ!家の前でシャボン玉を吹いてみます。

私の吹くシャボン玉をニコニコ待ち受ける娘♪

ところが、この日は確かに天気は良かったんです、が

風が吹いていた!!

するとどうなるか?

飛ばされたシャボン玉を右に左に追いかけ、

口を開けて舌を出した娘が辺りを走り回るという惨状光景が!!

何かに似ている、そうだ!

パックマンだ!!

これは…ちょっと…人として…

ここで私はハッと気づきます。

幸い周りに人は居ませんでしたが、目撃された場合、アジア人が拙い英語で

「コノシャボン玉ハタベレルンデス…!ホントナンデス!!コノ、コノパッケージヲミテクダサイ!!!」

とか追いかけて説明する事になるわけでメチャクチャ怖いわ。

うん・・・娘よ・・・

 

「寒いからお家はいろっか♪」

 

早々に家の中に撤収したのでした。

ちなみにお皿の上でそ~っと吹いて私も食べてみましたが、美味しくはないかな。

ジュースの味です(当たり前)。

特にオレンジの方が妙に苦かった…子供が薬を飲む際の飲み合わせみたいな感じで、何か成分と反応したんでしょうか?

間違いなく言えることは

人間の尊厳を失ってまで食べるほどではないです。

あと広い場所か屋内で遊ばないと、ベタベタのジュースシャボン玉が割れて汚しちゃう恐れアリですね(汗)

(こんな遊びを娘にさせたと知ったら夫に叱られそう…。)

 

結論、

もしこれが日本で大流行したら世も末。

 

 

(まぁ、皆さん買われないと思いますが…(恥))

お読みいただき有り難うございました♪