もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

チョコバナナにアメリカは関係ない。

スポンサーリンク

そうだチョコバナナを作ろう。

f:id:mocchirishokkan:20191025125051j:image

(これのことです。)

おやつにチョコバナナを作ろうと思い立ちました。

何故そんな事を思いついたかというと、体調を崩して今週ずっと園をお休みしていた娘が、熱も下がり割と元気を持て余している状態。

娘はチョコバナナを食べたことがないし、栄養的にも暇つぶしにも作ってみたら良いんじゃないかと思ったのが一つ。

 もう一つは先週末に行ったステートフェアという州の秋祭り的な所で8ドルもするフローズンチョコバナナを見かけた際に

「どこの国も露店はボッタクリだなぁ~こんなの誰でも簡単に作れるじゃん。」

と思ったのです。(フラグ)

幸い我が家には安売りのバナナを買って来ては傷ませる事に定評のある夫がおりますので、バナナが常備されています。

板チョコも冷蔵庫にあるのを知っていたので、それを湯煎で溶かしてバナナに掛けて冷凍したら、ハイ出来上がりでしょ♪と軽いノリでフローズンチョコバナナ作りをスタート。

娘はお手伝いする~!とご機嫌です。

調理スタート♪

バナナ一本を割り箸に刺すスタイルだと食べきれないだろうな~と思い、カットして爪楊枝に刺すことにしました。

バナナのカットは娘担当。

こんな時はダイソーで買ったミニーちゃんの可愛いプラスチックの子供用包丁が大活躍です。

娘がバナナをナチュラルな乱切りにしている間、私は板チョコを湯煎完了。

チョコの入ったボウルにバナナをポイポイ放り込みます。

ん?

あ、あれ…思ってたよりバナナにチョコが絡んでくれない…

娘「写真撮って~!」

私「あ、はいはい写真ね…」

そうこう言っているうちにどんどん固まるチョコ。

f:id:mocchirishokkan:20191024062345j:image

この写真の撮影直後、猛然とバナナinチョコボウルをぐっちゃぐっちゃかきまぜだす娘。

ひぃぃ~!

そう言えばどんなものを作るか完成形の説明してなかったね。

慌てて娘を制止し、バナナを爪楊枝に刺していきますが、割り箸と違って細すぎたためか貫通して手元にスライドしてくるバナナ。

すーっ、ベチャッ。

いや~~~~~ん!

そこでハタと気づきました。

バナナの持ち手を刺して乾かす用の発泡スチロールがない!

(今思うと別にラップの上に置いたって全然構わないんだけど)

何か代わりの物…代わりの物…これだっ!!!

ぶすっ。

おニューのスポンジ。

f:id:mocchirishokkan:20191024061446j:image

超前衛的な華道か?流派チョコの坊

 

なんか…グロく…

こんなはずでは…

今見直すと左端のバナナに至っては

何らかの刑が執行されている。

・・・。

さて!気を取り直してスプリンクルを振り掛けてお茶を濁します。

(娘が楽しく担当)

ほ~らカワイイ!!!可愛いは作れる〜♪

バナナたちは速やかに見えないところ冷凍庫へGO!

 

ハイ!

チョコが残ったボウルに熱めの牛乳を注ぎ、ホットチョコレートを作ります。

私は甘いのでコーヒーで割ってカフェモカに。

f:id:mocchirishokkan:20191024060223j:image

うーん…今の季節にピッタリ!そうそう、

これが作りたかったんだよね!!

 

(教訓:バナナは室温に戻して使いましょう)

お読みいただき有り難うございました♪