もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

実録!アメリカでカードのスキミング被害に遭った話。

スポンサーリンク

いつものんきなお買い物ブログを書いてる私がスキミング被害に遭いました。

f:id:mocchirishokkan:20190912031803j:image

そもそもスキミングとは何かと言うと

他人のカード情報を手に入れて勝手に利用する犯罪のこと。

アメリカは超カード社会。

半数近くの人がスキミング被害に1度はあったことがあるみたいです。

日本もキャッシュレス化が進んで来ていますし、この夏海外旅行に行く方もいらっしゃるかと思います。

私の苦い経験がどなたかの参考になればと思います。

今日は珍しく真面目だよ!!

事件が発覚したのは月初めの週明け、大好きなスーパーにて。

レジでいつものようにお会計をしようとしたら、カードが使えず。

高額の買い物をした覚えもないので、端末の問題かしらと違う場所で試してみるもやはり使えず。

手持ちの現金で何とか最低限の買い物をしてスーパーを後にしたわけです。

(奮発して買おうとしていたお高めのアイスを泣く泣く返品…)

夫名義のカードなので仕事中の夫にすぐに連絡を入れると、しばらくたって折りかえしの電話が。

「先週の水曜日にスーパーで百数十ドルの買い物をした?カード会社から確認の連絡が来た」とのこと。

ケチな私がスーパーで一度にそんなに買わないよ!

確かにその日、そのスーパーで買い物はしているものの、月一コストコ的なところで家族でまとめ買いする時以外の会計金額は、一回50ドル前後。

ただ私の捨てたがりの性格が災いし、レシートを処分してしまっていたのです・・・

とにかくその金額は絶対にないということだけを夫に伝えて一旦電話を終了。

 

カード会社の確認は夫に行くし引き落とし金額を確認できるのも夫、
でもカードを使っていて内容を知っているのは私。

これが大変厄介です。

そこからはカレンダーに書き込まれた過去の予定と記憶力とで不審な決済以降のカードを使用した場所と大体の金額を確認します。

約1週間だから大体覚えていたものの・・・汗

旦那さんにメールで連絡すると、そのやり取りの中で目を疑う言葉が。

「今日ターゲット(大手スーパー)で400ドルの買い物はしてないよね?」

超使われてるぅぅぅー!

それまではもし私のうっかり覚え違いだったらどうしよう…という気持ちが(おそらくは夫も)あったのですが、これでスキミング被害確定確心。

 
実被害はないと思いきや・・・?

クレジット会社に報告をして、不審な請求は取り下げてもらえたので、私たちが覚えのない支払いをすることはなかった・・・のです、が!

被害に遭った月末は土日。

土日は夫が自分のカードを使うため、私のカードが止められていることに気づきませんでした。

そして被害が発覚したのが月初。

家族で入っているフィットネスクラブの会費が私のカードで月末引き落としだったので、支払いできておらず...

慌ててカウンターで現金で支払いましたが、遅れたということで問答無用でペナルティ10ドル払う羽目に。

(一応スキミング被害に遭ったと泣きついてみましたが(笑))

悔しいぃぃぃぃ・・・。

 

 

対策は?

スキミング対策としては

①個人商店の店、出かけた先の店、小さな店や露店などでカードを使わない

(被害に遭う可能性が高まるので)

②ICチップ搭載のカードにする

(カード端末の右側にスライドでスキャンすると、スキミングされやすいらしい。下の差込口に差し込んで決済できるのがICチップ有のカード)

③不用意にオンライン決済をしない

(カード番号を入力する際は信頼性を疑うぐらいで)

 

などが挙げられますが、これ私たちがいつも気を付けていたことなんですよね・・・

夫なんて用心深すぎでカード会社からの連絡が本物かどうかを疑ってたぐらいですけど(ややこしいわ)こうして被害に遭ってしまいました。

スーパーやカフェ・ファーストフードなんかの少額決済の店だとサインや暗証番号入力をしなくて済んだり(大した金額じゃないから効率重視でリスクを取っているのだと思われる)、さして高級ではない飲食店でもテーブルでの支払いでカードを店員さんに渡さなきゃいけなかったり、それに加えて店を後にしてからチップ込みの金額を店員さんが打ち込むという(日本でのレジ業務経験者の私としては気持ちの悪い)システム。

これは、スキミングはされることもある!と思っておいた方がいいのかも・・・

 

”対策”だけでなく”備え”も必要

①レシートは金額確定まで必ず保管する

②現金は常に財布に入れておく

③カード会社が気付くとは限らないので、明細はしっかりチェック!

この3点さえ抑えておけば、例えスキミングされても被害は最小限で抑えられるはずです。

 

犯人はいつも行ってるスーパーの人間か?とか考え出すと、被害がほとんど無かったとは言えとても気分が悪いです。

これからはカードの使用には一層注意していこうと思います。

以上、カードがまだ止められたままのもっちり食感でした。

どなたかの参考になれば幸いです。

皆様どうぞお気を付けください!!

f:id:mocchirishokkan:20190706012140j:image