もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカで子供専用美容室に行って来たけど…【Sweet&Sassy】

スポンサーリンク

子供(女子?)専用美容室「Sweet&Sassy」に行ってきました。

f:id:mocchirishokkan:20191030033059j:image

ピンク・パープル・リボン・ユニコーン・キラキラ・ふわふわ・スイート...

kawaiiの全てがここにある!

家から少し遠いのですが、前に一度通りかかった際、女子力が異様に高くロングヘアにこだわる(くせにブラッシングを嫌がる)娘が「ここでなら切ってもいい。」と仰ったので、一度試しに行ってみることに。

こちらはチェーン展開しているみたいです。

入ってみるとぬいぐるみやアクセサリー等のグッズコーナーまであり、カワイイが氾濫する店内、香水のような匂いもします。

週末だった事もあり折しも当日の店内はパーティ中、小学生高学年ぐらいの女の子たちが奥のパーティスペースでメイクやヘアセット中でした。

アメリカではプール・ゲームセンター・教会・ジム・テーマパーク…

色んな場所がパーティー会場として借りられます。

幼稚園~小学校までの子供たちのバースデーパーティーの為に親が手配することが多いです。

それぞれの会場を生かして招待された皆で自由に遊び、程良いところで持ち込んだケーキタイム&プレゼント開封タイムで写真撮ってバイバイという流れが一般的。

でも美容室パーティーというのは初耳!

観察していると、どうやらメイクやネイルでおしゃれした後、ミラーボールを回してダンスパーティーしたり、ファッションショーごっこをして楽しんでいるらしい。

Fu~♪ お・ま・せ・さ・ん♪

f:id:mocchirishokkan:20191030033033j:image

(親が取り囲んでバッシャバッシャ写真を撮っていた)

このパーティーのお蔭か少し混んでおり、店内で5分ほど待ちました、が。

この間視覚・嗅覚・聴覚を圧倒的ガーリーに支配され、

同行した夫の瞳から生気が失われていました。

この瞳は結婚前、私に無理やり宝塚歌劇をTVで観させられた時以来です。

f:id:mocchirishokkan:20191030020742j:image

(趣味の押し付けは良くないね!)

 さてさて夫はさておき娘のヘアカット、ディティールを伝える英語力のない私は画像を見せてオーダー。

娘が切ってる後ろで座って待てるのはいいね~とか何とか言ってる間に

チョキチョキチョキン!と10分で完了。早い…

で、ここからがこの美容室のウリ、

ラメラメのスプレーを髪にひと吹き

甘い香りのコロンをつけて、

頬っぺたにラメラメハートペイント、

トドメにキラキラちょうちょ型棒付きキャンデーを選ばせてもらって終了!

f:id:mocchirishokkan:20191030032948j:image

(お風呂で取れるタトゥー風ペイント)

これでしめて24ドル+任意のチップなり~

メイクやネイルをセットにするともっとお高くなります。

うん…もう行かなくていいかな。

母ちゃん切るよ。

アメリカ人にカットの技術は期待しない方がいいです。

髪質の違いもあるんでしょうけど、パッツーンとされます。

(子供はそれでもかわいいけどね!)

NYとかロスとか超都会は別なんでしょうけど…

うちの周りだとわざわざ日本人経営のサロンに行くと競合していないのをいいことに普通の技術でもカットだけで百ドル以上したりします。

(田舎だと元美容師の日本人がモグリで自宅で切ってくれたり…)

一度夫が韓国系のヘアサロンに行きましたが、兵役感あふれる髪型になって帰ってきました。

ヘアカットってカットしてくれた国の人に近づくところがありますよね。

 

さてさて今回のヘアカット娘は超ご機嫌!

この店に行くためならショートカットにでもするでしょう。

 

(美容師さん、駐在員の多いところ狙ったら一儲けできると思うな。ビザも下りやすいだろうし。)

お読みいただき有り難うございました♪