もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカのハロウィン、家デコレーション編

スポンサーリンク

ハロウィンが近づいてきましたね~!

最近では日本もハロウィンが定着しつつありますね。

こちらのハロウィンはパリピのものではなく小さい子供のものですが。

アメリカではデコレーションする家は全力でする、しない家は全くしないと差がすごいです。

日本では考えられないようなスケールのデコレーションもあります。

f:id:mocchirishokkan:20191009070145j:image

(うーん、住宅展示場のイベントレベル

前々回の記事のカタログギフトに載ってたやつです。 

※前々回記事↓

www.mocchirishokkan.com

 

f:id:mocchirishokkan:20191008044933j:image

(通りかかったおうちのガレージ。これはやってみたいけどハシゴが必要...)

 

我が家はというと、どうせ色々買い込んでも狭い日本の家には持って帰れないし…

もし飾ったとして

おぬしアメリカにかぶれて帰ってきおったな!

ぷぷぷ。

と思われても恥ずかしいし…

でも全く何も飾っていないとトリックオアトリートに来てもらえない。

(可愛い子供たちの色んなコスチュームが見られて楽しいので♪)

悩んだ末、自作のリースを玄関扉に飾ることにしました。

f:id:mocchirishokkan:20191008044447j:image

(リースの土台15ドルほどにゴールドのリボンをぐるぐる巻き、リボンの間に造花、おばけ等市販の飾りで気に入ったものを差し込んでいっただけ)

シックすぎたかな?でもなかなか気に入っております。 

 

後はリビングにLEGOのハロウィンセットを飾っています。

娘が楽しそうに組み立ててました~

4歳児には程よく歯ごたえのあるピース数だったみたい。

これは可愛い…♪

f:id:mocchirishokkan:20191008044530j:image

f:id:mocchirishokkan:20191009070408j:image

(LEGOストアで安売りされていて、なんと7ドル!今調べたら日本のamazon3000円以上していた。…何となく気に入らないので広告貼り付けるのはやめよう(笑))

 

ハロウィンといえばカボチャ。

この時期になるとカボチャ&専用くり抜きツールセット的なやつがお店に並びます。

一度作ったことがありますが、こちらのカボチャが水っぽくて柔らかめだからできるのだなーと思いました。

f:id:mocchirishokkan:20191009051953j:image

(去年の作。語学学校で作った。手際が悪すぎてペアになったメキシコ人のヴィッキーがほとんどやってくれたという思い出...)

 

このオレンジのカボチャ、中身は食べてもいいけど美味しくないアメリカ人ですら言ってます。

タネは乾かしてローストするといいおつまみになるそう。

玄関に飾るとトリックオアトリートに来てね〜サインになるらしいんですが、早々に飾っても腐るだけなのでもう少し直前に考えようかな…

せっかくだから一度くらい娘に体験させてもいいかな、とは思ってるんですが。

まだ結構暑いんですよね…

熟成してお化けでも子供でもないものを呼び寄せそう。

ある意味ホラー。

 

 

次回はコスチューム篇の予定です♪

お読みいただきありがとうございました!