もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカで勘違い!ステーキバーガー≠ステーキを挟んだハンバーガー 

スポンサーリンク

ステーキバーガーって言ったらステーキ挟んだバーガー想像しません?

 私はしました。

Steak`n Shake(ステークンシェイク)という人気ハンバーガー店の看板メニューが「ステーキバーガー」なんだけど、

いざ食べに行って店のメニュー写真をみて「ん?」

普通のハンバーガーじゃん!!と。

f:id:mocchirishokkan:20190620052149j:image

冷静に考えるとハンバーグも確かにハンバーグステーキですね。

ハンバーガーと実際何が違うかというと、パティが薄めでもっと肉々しいんです。

例えるならすごく腹の立つことがあった人が、

スーパーで買ったひき肉のパックから一塊おもむろに手に取り、

ハラワタ煮えくり返るような怒りにその身を任せ

ビシャアッッッツ!!と鉄板に叩きつけて焼いた感じ。

 (食べ物に当たるのはいくない。)

玉ねぎとかつなぎの材料が少ないので歯ごたえは確かにステーキ感あるかも。

ふっくらハンバーグ好きの方にはオススメできないけど、

私は肉!混ぜもの無し!って感じがすっかり気に入ってしまいました。

 

そこでクックパッドでレシピを検索してみると、色々出てきた!

意外とバーグ薄焼き派は一定数いる模様。

それらのレシピを参考に自分になりに何度か作ってみて落ち着いた簡単なステーキバーグの作り方を紹介します。

ポイントは3つ

 

①牛100パーセントのひき肉でつなぎは少なく!

(赤身すぎるって場合は豚を混ぜても)

少なめの卵(面倒だからって一個入れちゃダメ)・少量のパン粉&牛乳・ナツメグ・玉ねぎ(焼くやかないはお好みで。普通のハンバーグの時より細かく刻むといい感じ)をささっと混ぜます。

ねちねち練らなくてOK。

 

②5mm強に平たく伸ばして!

私はラップでタネをサンドして伸ばしてます。

型抜きクッキーの要領で。

(面倒でなければ麺棒を使うと熱が手から伝わらなくてなおよし。)

そして上のラップを外して塩コショウを振る。(正にステーキの味付けのイメージ)

f:id:mocchirishokkan:20190608091732j:image

③中火でサッとカリッと!

油を熱したフライパンで、両面をこんがりさっと焼く。

薄いので蓋をして蒸らす必要はなし。

ただし油はきっちりひくこと、普通のハンバーグより 焦げ付きやすいので。

 

さっと焼くので肉汁が逃げません。

塩コショウを上から振るスタイルのおかげで味がのっぺりしない!!

私はソースなしで食べてます。

ソースなしの場合、お持ちであれば塩コショウよりステーキスパイスのほうがより美味しいかと。

我が家ハンバーグにマンネリ感を感じている方、焼き加減の調節苦手だわ~という方にオススメ!

是非一度お試しあれ~♪

f:id:mocchirishokkan:20190613230138j:image

ハンバァーーーーーーーーグ!!

我慢できなかった、反省はしていない。