もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカでくら寿司は続々開店中!回転中なんつて。

スポンサーリンク

 びっくらポンは英語でBIKKURAーPON!

くら寿司は現在アメリカでカリフォルニア・ジョージアイリノイ・テキサスの4州にわたり

約20店舗進出しているらしい(HP情報)

一皿百円のイメージから一皿1ドルなんじゃないかと期待しそうになるが、そこは外食が日本の倍近くかかるアメリカ。

握り・軍艦は一皿2.25ドル

・・・高いって感じません?

これでもかなり安いんです…。

(過去記事、寿司の注文表参照↓)

mocchirishokkan.hatenablog.com

 

カリフォルニアに店舗が集中しているようですが、オフィスがその辺りなのかな?

今回私が行ったのはテキサスにある店舗。

ちなみにジョージア州くら寿司にも行ったことがあるのだけど、店舗の新しさ広さはともかく味と雰囲気に違いは感じられず。

(まぁそれがチェーン店だしね…)

端末で入店の受付をするところも、店舗の内装もシステムも日本とほとんどおんなじ。

唯一違和感を覚えるのは、お茶が有料なところぐらい

日本のmyお茶作るやつ恋しいなぁ…

メニューはおなじみのメニューから、ちょっとなにそれどうしちゃったの的メニューまで。 

f:id:mocchirishokkan:20190522090210j:image

原宿サマーサラダは食べなかったけど、お寿司の味は日本と同じくらい美味しかったです。

 

びっくらポンはご当地ムービーをわざわざ作っているようで、力が入っている(^ω^)

テキサス店ではヒューストンにちなんで、キャラクターがロケットに乗り込んで宇宙へ飛び立ち、隕石にぶつかる!?みたいなストーリーでした。

まぁいつもの焦らしてくるやつ(笑)

f:id:mocchirishokkan:20190522041855j:image

(この侍風キャラはむてん丸君という名前らしいぞ!)

日本のくら寿司のびっくらポンはランダムに当たり外れがあったと記憶しているのだけれど、どうもアメリカの店舗では5皿ごとにストーリーが進み、15皿カウントすると必ず景品がもらえるようになっている模様。

アメリカ人がぶち切れてFワードを口にしながらびっくらポンをユサユサしている画が浮かんだ。

で、びっくらポンの中身はというとこちら↓

f:id:mocchirishokkan:20190522041708j:image

(寿司モチーフキャラのシールとマステ。びっくらポン2回分。)

日本と一緒の内容なのかな?

くら寿司のHPを見てみたけど、今日本の店舗では期間限定で漫画「キングダム」とコラボしたグッズが出るそう。

 

いろんな人種がレーンを取り囲んで回転寿司を食べている画はなかなかに新鮮。

アメリカに行った際に、ハンバーガーに飽きたら行ってみても面白いかと思います。

(やっぱり一皿に一貫盛りで2.25ドルだったトロ↓)

f:id:mocchirishokkan:20190522042037j:image
結論:気兼ねなく食べられる回転寿司最高!

あー今この瞬間もお寿司食べたい。