もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

ハンバーガーをかじりながら映画を観られる「amc dine in」 で名探偵ピカチュウ観てきたよ!【オススメ♪】

スポンサーリンク

アメリカ大手映画館チェーンの一つ”amc”

アメリカに来て驚いたのが映画料金の安さ。

映画料金が大体一律な日本と違い、館の音響設備や新しさ、規模なんかでチケット価格を決めている模様。

我が町のamcでは平日なら約6ドルで新作映画が観れます!

ボロいからね。

いや~日本からすると3分の1近い衝撃プライス!

ほんと英語さえできれば最高だよね。

英語さえできればね。

 

そんな私が今回わざわざ遠くのamcに、普段の倍近い約11ドルのチケットを指定席を予約してまで行ってきました。

それはなぜかというと、そこがノーマルタイプのamcではなく、ご飯を食べながら映画が観られる「amc dine in」だから!!

映画を観ながらご飯…システムに全く想像がつかず、とにかく行ってみたい!体験してみたい!と好奇心が抑えられない私。

娘のリクエストにより、「名探偵ピカチュウ」を観ることにしたのでした。

ちなみに英題は「Detective Pikachu」

 

ドキドキしながら少し早めに映画館到着。

入ってまず映画館の綺麗さと大きさにどぎまぎします。

スクリーンの数が10以上ある…だと!?

 こ、これが噂に聞くシネマコンプレックスちゅーもんだべ…

 いつもの映画館との差に思わず田舎もん丸出しできょろきょろ歩いていると、15分前にスクリーン(会場と言うのか?)に到着。

平日だし、アメリカ人だし(遅れて入って来がち)

まだ誰もいないよな~と思いながら中に入ると、そこにはなんと和気藹々と夕食を食べているアメリカ人一家が。

 しかも私の席の前。

f:id:mocchirishokkan:20190524015713j:image

指定席でガラガラなんだから間空けて予約してくれよ…

とちょっと思いつつも、うわ~ほんとにご飯食べてる~!とテンションもUP!

 席に座ると、通常の映画館の椅子よりもゆったり間隔が空いていて、テーブルがついている。

椅子自体も革張りで大きめ、座り心地の良いラグジュアリーなもの。

例えるなら、ファーストクラスの席に似てるかな。

ファーストクラス座ったことないけど。

 (ちなみに写真は予告編ですらないCMがエンドレスで流されてる間に撮っておりますよ。)

さて注文はどうするんだと見回すと、

椅子の横に呼び出しボタンとメニューが。

f:id:mocchirishokkan:20190523150811j:image

これを押すとウェイターさんが注文を取りに来て、

そして席まで運んで来てくれて、会計までしてくれます。

暗いし階段あるしで普通の飲食店より大変そう・・・。

メニューはハンバーガーやナチョスなんかのアメリカ料理。

私はロイヤルバーガーとオレオシェイクを注文。

f:id:mocchirishokkan:20190523150636j:image

なかなか本格的なお味でした♪

(ちゃんと自分のところのキッチンで作ってます!ってのが売りらしい。)

お値段も普通のレストラン価格。

私の注文と娘のキッズバーガーセットで30数ドルでした。

チケット代と食事代、日本とお金のかかるところが逆です。

 

Dine inの映画館に行くなら普段よりも早めに席について先に注文を済ませておく方がスマートかな。

映画の上映中に注文ってしにくいというか、する気にならないっていうか(^◇^;)

まぁ前の席のおっちゃんはクライマックスで普通に追加注文してたけども...

今日は結局私たち2人を入れても十数人しか観客が居なかったけど、満席でもこのシステムは成り立つのだろうか?

出たり入ったり注文したり支払ったり食べたり飲んだり…

もう気が散って映画どころじゃなくなりそう(笑)

 

でも何だかとっても非日常な感じで、娘も楽しかった~!と喜んでました。

また行きたいな^ ^

多分、デートに最適!

アメリカ旅行の際は日本より先に公開されてる映画を観て、ドヤってみるのもありなんじゃないでしょうか。

英語さえでき(以下略)

 

肝心の映画の内容は長くなったのでまた次回。