もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

Dallas world aquarium(ダラス世界水族館)に感動!皆におすすめしたい。

スポンサーリンク

水族館好きですか?

私は大好きでーす!

旅行先で水族館を訪れることも多く、転居の多い人生なもので、日本国内かなりの数の水族館に行っています。

(個人的に好きなのは下関にある海響館のシオマネキ、大阪の海遊館の都会的で周り易い感じ、葛西臨海水族園のマグロ群、あと名古屋港水族館のイルカショーのカメラワーク・・・)

 

アメリカに来てからも水族館にいくつか行っています。

が、最近何だか水族館に疲れてきて・・・。

理由としては子供連れなので色々気疲れするという点が一つと、土日・長期休暇中に行かざるを得ないので人混みが凄いという点。

あとは水族館慣れ(スレ?)してきているという点

子供のころの感動はもう超えられへんのや...。

f:id:mocchirishokkan:20190530002130j:image

(娘の無邪気さが裏山)

加えてアメリカの水族館は料金が高い!

大体三千円ぐらいするイメージで、子供料金も3歳ぐらいからがっつりかかります。

 (シカゴのシェッド水族館に至っては40ドルぐらいしたのでビビった)

 というわけで水族館に行くことに対して若いころよりも消極的な私でしたが、旅行の目的地そばにあったからという理由で期待もせずに(失礼)

Dallas world aquariumダラス世界水族館に行くことに。

行ってみたら私のお気に入りの水族館になりました!

感動したその魅力について聞いてやって下さい。 

①朝から入ってお昼には出てこれる規模と立地

f:id:mocchirishokkan:20190530000036j:image

(水族館外観。看板が植物に覆われている)

足が棒になったり疲れ切らない、楽しかったね~と出てこれる程よい大きさ。

入場料も大人20ドル程度。街中にあるので利便性もよし。

 超有名なジョージアの水族館のようにチケットの列に並び終えたと思ったら、次は荷物検査の列でぐったり…なんて混み方はないかと思われます。

②開放感のある展示・飽きさせない工夫

入り口付近ではあら?ここは動物園?という展示が続きます。

鳥類や有袋類など。

とにかくグリーンが多いので動物たちもリラックスしているように見えます。

f:id:mocchirishokkan:20190530001055j:image

(動じないハシビロコウ氏)

入館するとまずは上階に上がるのですが、瞬間ここはジャングルか野鳥園か?と錯覚するような開放感ある空間が広がっております。

直接は触れないように設計されているのでしょうが、上を見上げると木の上に猿が居たり、鳥や蝶が飛んでいたり。

極力網やケージのようなものを排除したいというのが伝わってきて、まるでジャングルの中を探検している感じ。

f:id:mocchirishokkan:20190530001749j:image

(鳥を飼ってた私にとってパ~ラダ~イス♪( ᐛ👐))

ナマケモノが触れる距離にいたり、タランチュラの展示があったりも。

f:id:mocchirishokkan:20190530001235j:image

(彼はハタラキモノである)

そんなジャングルから下階へ降りると一転、落ち着いた照明で石造りの古代遺跡のような雰囲気の中、水槽を観て回ることができます。

魚類だけでなく、コウモリや両生類・爬虫類も居て飽きさせません。

f:id:mocchirishokkan:20190530001403j:image

(古代遺跡感!)

f:id:mocchirishokkan:20190530002832j:image

(毒感!)

 

水族館といえばイルカや!

イルカショーがないとアカン。

という謎の関西人には向かないけれど、とっても楽しい

『動植物野鳥水族館園』(と勝手に名づけてみた)

 

 

大人にも子供にもオススメです!!!

もし行かれたら感想教えて下さい♪