もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

アメリカのサービスに期待してはいけない。

スポンサーリンク

イケてるソファがうちに来たよ!!!

f:id:mocchirishokkan:20191213051003j:image

(住んでる州が判る人には判るクッション。)

前から狙っていたソファをブラックフライデーに乗じて定価の半額で購入。

ながらくソファなし生活だった我が家。

タツ机に正座でテレビを見るという超日本式を貫いてきましたが、この度ついに購入致しました。

旦那さんがかねてから憧れていた艶消しの黒い牛革ソファでございます。

(ちなみに結婚前から旦那が持っていた黒い合皮ソファは娘にむしりつくされおもらしまでされてお亡くなりになりました。

私は、もっとお安い布張りのでいいでしょ?って思っていたのですが、

なんと別の州からの引っ越しの際に

ベッドが破損しまして保険金が下りたのです(笑)

使う分には使えるんですけどね、なんと梱包の箱を突き破っていたという。

(引っ越し業者さんも驚いてた。)

マットレスの横に油汚れのようなものが着いていたほか、フレームは塗装が派手に削れていてびっくり。

このベッドは旦那さんが独身の頃に買った割とこだわったもので、思い入れもあったみたい…で、

「このお金でソファ買ってもいいでしょ!?」

と言われると、さすがに可哀そうなので好きにしてもらうことにしたのです。

え、術中にはまってる?

(私はそもそもベッドを持っておらず、薄めの低反発マットの上に布団で寝ている…)

それにしても国内だし、日系の引っ越し業者に頼んだから安心だと油断していた。

保険料は全ての物に自分で値段をつける自己申告システム&会社持ちなので、もっと高くつけておいてもよかったかも?(笑)

 

さて、このソファ、

届いた時にひと悶着ありました。

予定通り配送されては来たのですが…

到着した際、玄関で受け取りサインを求められ、「ん?今?」と思いつつも大柄な黒人のお兄さんが口も利かずにサインの欄をビシビシしてくるので思わずサインをしてしまったのが悪かった。

申し訳ないけど2階なんです~と言って階段を上がっていくと、

あれ?ついてこない?

そして次に背後から聞こえてきたのはトラックの発進音。

ブロロロ…

え?

階段を駆け下り、ドア開けっ放しの玄関で一人。

ホントにこのセリフ言っちゃうもんだね、

『ちょ、まてよ!!!!』って。

せめて玄関に入れてくれよ…

運ばないならそう言ってくれよ…

どうすんだよ…

f:id:mocchirishokkan:20191213062102j:image

(思わず写メってしまう悲しいブログ脳)

ひいひい言いながら一人でなんとか家の中に入れ、旦那さんに連絡したのでした。

旦那さんはは憤慨する私と違って、あははアメリカだね~的な反応。

結局帰宅してから15分くらいかけて大汗かきながら運んでくれました…

アメリカに来ると大らかになるか気が強くなるかの二択な気がしますね。
f:id:mocchirishokkan:20191213051042j:image

(とにかくアメリカのサービスに期待をしてはいけない。)

 

たまたま前回買った家具の配送の人が親切に設置してくれたから油断していたよ…

やはり日本のサービスは神!

 

 

( まぁ旦那さんが満足そうなので良かったです。)

お読みいただき有り難うございました♪