もっちり食感のアメリカで今日これ買いました。

アメリカに来たオタクで母な駐妻の日常と物欲。

寿司値が下がると日本に帰りたくなるの。

スポンサーリンク

海外赴任すると、自分の本当に好きな食べ物が明らかになる。

 手に入りにくい状況になって初めてわかる

有り難み、愛。

オレ、アイツじゃなきゃ駄目なんだ......。

対象は人によって様々で、

じゃがりこを海を越えてわざわざ取り寄せる人

雪見だいふくを自作する人!(尊敬しかない)

スライサーを購入して苦労してしゃぶしゃぶする人…。

(手作業で大きい肉ひとかたまり2時間半かかるとか…汗)

 

私の場合は寿司

美味しい寿司を食べようと思うと日本より高くつくのでそんなに頻繁には食べれない....

そうすると寿司値が下がってきて(泣)

日本に帰って回転寿司お腹いっぱい食べたいよ!となる。(回転寿司ってとこが泣ける)

NO LIFE NO SUSHIっていうTシャツがあったら買うね。

(着るかどうかは別にして) 

寿司はアメリカに完全に定着していて、

レベルの差はあれど

色んなところで買える&食べられる。 

スーパーのデリのは謎のピリ辛ソース&ゴマが振られてたりもするけど…。

そしてちょっと良いお店での注文票がこれ

ご覧ください、この寿司の異国への適応力よ。

f:id:mocchirishokkan:20190421051957j:image

注文票へのツッコミが止まらない。

(なんやねんクレイジーって。クレイジー一つくださいって注文がクレイジーやろ。ってかトロピカルウェーブ以下に至っては説明を諦めとる!説明諦めんな!そしてサンタベルやけに高いな何入ってるん!?)

 

困るのが、家でも(握り)寿司作るの?とか

寿司の作り方教えて!とか言われること。

プロフェッショナルな仕事なんだよ〜(^◇^;)

衝撃だったのは、本屋さんに売られていた、

これであなたも握り寿司が作れるようになっちゃうセット。

f:id:mocchirishokkan:20190421052031j:image

ディアゴスティーニなノリで寿司を習得しようという...。

コンプリートって言っちゃってるし。

 

とかブツブツ言いながら

カリフォルニアロールが大好きなんだけどね!